木の構造

木は中心から根へと下に辿ると、ツリー構造(根から根へ別れていく)になっている。
そして、中心から枝葉へと上に辿ると、これもツリー構造(枝から葉へ)になっている。
葉一枚取って見ると、さらに葉の中に枝が別れていて、これもツリー構造。

人間の体もヘソを中心に下へ辿ると、ツリー構造(足から足の指へ)。
上へ辿ると、これもツリー構造(手から手の指、頭)。

人間の思考もツリー構造で整理するとしっくりくる。

日常生活のちょっとしたことでも、万物を想像した神の偉大さを感じることができる。