大阪の天満橋には弁護士事務所が密集している

先日、出張で大阪に寄ることがあったのだが梅田の近くに天満橋という場所がある。
その地域内を歩いていると弁護士バッジをつけた人があっちにもこっちにもという状況である。

まるで弁護士のバーゲンセールのような状態。

気になって調べてみると、大阪の裁判所があるために弁護士や依頼主が裁判所へ通いやすいように
自然と密集するようになったのだろう。

弁護士バッチをつけている人を見ていると、最近は若くて見た目もスポーツマンチックな人もいる。
おじいちゃんもいるし、弁護士も随分とイメージが変わったものだなぁと感心してしまった。

それと北新地という場所が梅田近くにあるのだが、そこは弁護士の接待用で使われる店もあるため、
比較的高単価な店が多い。

吉野家やマックのようなファーストフード店は皆無である。

弁護士は普段何を食べてるんだろう?とか変な妄想をしてしまうのも、
弁護士という一般人にはあまり関わりのない職業ゆえの魅力であろう。